生活見聞録

雑多な生活日記です

500円玉貯金

会社員になってから、お昼ごはんでよく外食するようになった。

ここ一年近くは在宅勤務中心なので足が遠のいているが、会社の近くには行きつけのお店がいくつかあった。

会社員生活を始めて1年ほど経ったころには
お寿司屋さん、ラーメン屋さん、天ぷら屋さん、カレー屋さん
4店舗が平日のレギュラーメンバーとして定着していた。

そして平日のうち、残り1日については気まぐれにお店を探索することにしていた。

ローテーションを回していたころが懐かしい思い出になりつつある。

 

さて、月トータルで換算すると、お昼ごはんのコストはなかなかバカにならない。

とはいうものの、実際にかかったコストに関してはどんぶり勘定であり、一応許容範囲ということにしていた。

しかしながら、金銭面だけではなく、健康面についても考えると、ある程度、抑止力があった方がいいと考え、コストをより実感するため500円玉貯金することにした。

ちょっと外食を控えたいという気持ちの表れである。

 

500円玉貯金のルールとして、支払いの際におつりとして500円を受け取ることができるように可能な限り調整して、受け取った500円玉を貯金箱に入れるという単純明快なもの。

 

100円ショップでちょうどいいサイズの貯金箱を購入した。
500円玉で貯金箱を満たせば約10万円貯まるとのこと。

 

 

貯金を開始してから1年半ほど経った頃には、貯金箱がパンパンになり、500円玉が溢れかえっていた。(下図の写真ではきれいに収まっているように見えるが、実際には10枚ほどはみ出し散らかしていた)
さすがに見るに見かねて整理してみたところ、約300枚、つまり約15万円分の500円玉が貯まっていて少し驚いたものだ。

 

f:id:haruokasan:20210307160419j:plain
f:id:haruokasan:20210307160446j:plain
500円玉が貯められた貯金箱とその内容

 

1年以上継続した所感として、500円玉貯金が外食への抑止力としてあまり機能していなかったように思える。
結局は支払い時に500円のおつりをもらう調整をする習慣だけが残っていたというのが実態であり、外食頻度を顧みることは残念ながら皆無だった。

 

外食を控えるという面では500円玉貯金はあまり効果はなかったのだが、思ったよりも硬貨が貯まっていた。

 

 

資産運用について【導入編】

何となく資産運用することにした。

今年から証券会社のNISA口座を使えるようになった記念(?)に資産運用に至るまでの過程を簡単に記録するつもりで今月は重点的に投稿している。

清算編では奨学金一括返還や年金追納、立志編では資産運用のきっかけについてまとめた。

今回は導入編ということで、現在に至るまでの概要を記載してみる。

 

 

前回の立志編では、訳も分からず利用していたつみたてNISAから脱却し、もう少し真面目に資産運用と向き合う方針とすることに決めた。

 

haruokasan.hatenablog.com

 

当時利用していたつみたてNISAについては、パフォーマンスが今一つという判断を下し、以下のことを決めていた。

 

・証券口座を開設すること
・つみたてNISAを解約し、NISA口座を変更すること

 

立志編で紹介した図書には、税の優遇措置を可能な限り活用する方がよい、とのアドバイスがあり、やはりNISAを活用したい。

しかしながら、つみたてNISAとNISAは併用できず、さらに一人一口座までという制限がある。

そういう事情があるため、つみたてNISAを解約する必要がある。

 

というわけで早速手続きを進めていこう。

 

さて、証券口座開設には指定の本人確認書類の画像をネット経由で送ればOKとのこと(ああ、便利…!)

自宅にいながら画面操作をポチポチするだけで簡単に完了した。

 

後日、郵送で初期ID・PASSのお知らせがあり、難なくミッションコンプリート。


次のステップとしてNISA契約へ進みたいところだが、既にNISA口座を開設している場合は、現在契約中のNISA口座の廃止通知書の提出が求められており、ひと手間加える必要がある。

 

次のミッションはつみたてNISA解約だ。

なお、導入編で一番大変だったのは、つみたてNISA解約のステップだった。

 

前回は詳細に書き切れなかったが、最初に契約していたつみたてNISAは非常に不便なものだった。
まず、選択できる銘柄が当時は三種類しかない。
証券口座経由ならば、自分で好きな銘柄を選択出来るというのに。。。

さらに運用コストもバカにならない。
投資信託の場合、信託報酬というものを毎年支払う必要がある。
長期運用の際には、この運用コストが意外と重要なファクターであり、資産を積み上げるプロセスにおける足枷となりうる要因だ。

大抵は、総資産のうちのいくつかの割合を信託報酬として支払うことになる。

総資産のうち、0.1%以下というファンドも探せばあるのだが、当時契約中のものは5%くらいだったと記憶している。

 

・・・これは、おいしくない。

 

また、毎月積み立てる金額を調整するには、ネット経由からは対応しておらず、直接店舗に行って調整する必要があった。
証券口座経由ならば、ポチポチ操作するだけでいいのに。

 

それに、店舗での対応は平日の9時~15時という。

 

調べれば調べるほどあまりにも不自由を感じた。

どうして当時契約していたつみたてNISAはこんなに縛りが厳しいのかと不思議に思ったものである。

 

つみたてNISAをやめようと思った背景には以上のような要因もあった。

 

さて、つみたてNISA解約について色々調べてみるとやはりネットからは対応できず、直接店舗に行く必要がある。
平日の9時~15時という時間帯に行くには通常であれば有給休暇を消費する必要がある。
しかしながら、昨今の新型ウイルス事情により、在宅勤務を実施していたため、昼休みの時間を使って店舗に行く、という選択肢が可能だった。


善は急げということで、自宅近所の支店に昼休憩の時に乗り込むことにしたのだった。

 

やっとのことで、NISA口座の廃止通知書を受け取り、あとは証券口座の方でNISA口座変更手続きを進め、ようやく所望の状況にすることができた。

以上のような経緯があり、2021年の1月からNISA口座を活用できるようになった。

 

環境構築、大変だ。

プログラミングでの「Hello World!」がやっと終わったといったところか。

 

なんとかスタート地点に立ったところなので今後はボチボチやっていきたい。
個人投資家のうち99%は泣きながら退場していくという厳しい世界とのことだが。

 

個人投資家は己の心との闘いが大きな課題と言われている。

できるだけ闘わないようにしていきたい。

そのためのコツは「忘れること」だという。

 

捕らぬ狸の皮算用だが、毎年100万円課金すれば15年後には目標金額に到達できるとの楽観的な試算結果があるので、気長にやっていきたいものだ。

 

 

導入編は以上となる。

また、一連の資産運用についての投稿もこれで一旦完了としている。

次回があるとすれば、資産が1千万円台の大台に乗ったときか、運用作業をプログラムである程度自動化したときか、あるいは泣く泣く退場するときだろう。

 

 

資産運用について【立志編】

何となく資産運用することにした。

今年から証券会社のNISA口座を使えるようになった記念(?)に資産運用に至るまでの過程を簡単にまとめるつもりが思ったよりも文章が長くなったので、今回もその続き。

前回、前々回では清算編ということで奨学金一括返還や年金追納した体験についてまとめてみた。

今回は立志編ということで資産運用のきっかけについてまとめてみる。

 

つみたてNISA

あれは、就職が決まってから給料振込用の銀行口座を開設するべく近所の大手メガバンクに行ったときのことだった。

当時は学生時代から使っていたゆうちょ銀行の口座のみという状況だった。

ゆうちょ銀行の口座は親が開設したものであり、自分で口座を開設するのは初めての経験でちょっと緊張したものだ。

 

手続き自体はとても簡単で、印鑑や署名などを済ませてあっさりと完了した。

さて、これで一仕事終えたと思いきや受付の人からつみたてNISAの提案があった。

 

NISAに関する事前情報はほとんどなかったが、話を聞いてみるとどうやら数十年単位で毎月積み立てておくことでそれなりのリターンが見込める可能性が高い、とのこと。

もちろん、元本保証はないので損失が生じる可能性もある。

 

そのようなことを説明されて、はて、どうしたものかと少し考えたが、また来店するのも面倒だし、月に1万円積み立てる程度であればそんなに負担もないわけで、いい提案のように思えた。

 

お金のことについて全然知識がなく、興味が湧くきっかけになればと軽い気持ちでつみたてNISAを始めることにした。

今にして思えばこれが最初の一歩だったと思える。

 

そして、マイナス運用へ

訳も分からずつみたてNISAを始めて、2年ほど積み立てた昨年(2020年)の4月ごろ、ふと運用状況を確かめてみたらマイナス2万円になっていた。

詳細を分析する力量を持ち合わせていないが、新型コロナウイルスの影響で株価が暴落したことが原因のマイナス運用ということで当たらずとも遠からずといったところだろう。

 

マイナス運用となっている現状に少しショックを受けた。

この2年間で果たして一体どれほどお金のことについて学んだのか、と自問した結果、特に何も学んでいないことに気づいた。

このままではNISAに手を出した意味があまりないなと思い、マイナス運用のショックをバネに一念発起してお金について学ぼうと思い立った。


ということで本屋に行って、その場で心惹かれた本を買うことにした。
「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」ダイヤモンド社:ジェイエル・コリンズ、小野一郎

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

 

資産運用のための奥儀として以下の三箇条が紹介されていて印象深かった。

 

  1. 支出は稼ぎより少なくする

  2. 余りは投資する

  3. そして借金をしない

 

 なるほど、シンプルだ。

 借金は概ね清算し、支出は稼ぎより少ないため、残るピースとしては余りを投資すること。か。

米国株式投資信託を推している本であり、自然と投資信託に興味が湧いた。
特にヴァンガード・トータル・ストックの商品が一押しとのこと。
資産の少ない者が手軽に始められるベストな選択肢は投資信託という結論とのことで、すっかり影響を受けた。
まあ、実際に経験してみないと分からない部類の話だと判断し、もう少し積極的に資産運用について調査する直接的なきっかけになった。

税の優遇措置として、NISA制度を活用するのが常套手段なのだが、調べてみるとNISAまたはつみたてNISAを利用できるのは一人一口座のみとのこと。
また、当時契約していたつみたてNISAについて詳細を確認してみると、どうやら年間運用費として数%持っていかれるためあまり好ましくない。
さらに、ヴァンガード・トータル・ストック系の商品を購入するには、現在の大手メガバンク経由では難しそうで、ネットで開設するタイプの証券会社の方が色々と融通が効いて便利そうに思えた。

以上のことから、つみたてNISAを解約して、新たに証券会社の口座を開設する方針に至ったのであった。

まとめ

立志編ということで資産運用を開始するに至った経緯をまとめてみた。
最初の一歩は銀行の受付の人に勧められ、訳も分からず踏み込んだ消極的なものだったが、その後のマイナス運用があったからこそ積極的に行動できたように思う。
まあ、現段階では資産は全然積みあがっていない状況なのだが、こうやって一歩ずつ踏み出すことができたのは我ながら成長できたなあと思うのであった。

資産運用について【清算編その2】

何となく資産運用することにした。

今年から証券会社のNISA口座を使えるようになった記念(?)に資産運用に至るまでの過程を簡単にまとめておこうと思い、前回チャレンジしたのだが、思ったよりも文章が長くなったので、今回はその続き。

前回の清算編となる以下の記事では、奨学金(利子有)を一括返還するところまでまとめた。

今回も前回に引き続き過去の清算編で、年金を追納するお話だ。

 

haruokasan.hatenablog.com

 

過去の清算:年金

第二種奨学金を一括返還してから一年後、とある郵便はがきが手元に届いた。

それは年金の追納に関するお知らせだった。
学生のころに、日本国民年金機構の学生納付特例制度を利用しており、当時は年金を納めていなかった。

 

・10年以内であれば保険料をさかのぼって納めること(追納)ができる。
・将来受け取る年金額を増額するためにも、追納することが推奨されている。

 

はがきにはそのようなことが書いてあった。
そして気になる記載もあった。

 

・学生納付特例期間の承認を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、承認を受けた当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされる。

 

郵便でのお知らせがあったのは最後に特例が適用されてから、ちょうど3年度目。
つまり加算額が上乗せされてからの通知ということでなかなか手が込んでいると言えよう。
こうやって少しずつ加算額を稼ぐ仕組みなのだなあと感心していた。

 

追納のトータル金額は約100万円。
奨学金(利子有)を一括返還してから一年がたったころにもなると、口座には再び100万円以上の貯蓄があった。
……これも何かのご縁ということで、一括して追納することにした。


仮に今回支払わなかったとしたら来年も通知が届くだろう。

毎年通知を受け取り、悩むのは好ましくない。
いずれ払うことを選択するだろうと考え、今回さっさと払うことにした。

過去に納めるべきタイミングで納めていなかったというだけで若干金額が割り増しされるのはちょっと嫌だが、今後は傷を広げる一方になる。(実は、いまだにどれほどメリットがあるのかは把握できていないのだが)

支払いを保留しっぱなしというのも何だかスッキリしないので、ここは思い切って過去の清算にお金を使おう。

 

追納手続きのため年金事務所へLet's GO!
もちろん平日の営業のみなので、有給休暇を取得して手続きした。
手続き自体はそんなに難しいものではなく、受付の人に記入した申込書を渡し、後日振込用紙が届き、支払いを実行する。

 

さて、2~3週間後に振込用紙が届いたのは良いが、銀行に振込しに行くのが非常に億劫だ。


何か良い方法はないかと振込用紙を眺めていると、インターネット振込に対応しているとのこと。

色々調査してみたところ、ワンタイムパスワードが必要らしい。

ワン、ワンタイム、ワンタイムパスワード……はっ!

 

銀行口座を開設したときに訳も分からず窓口の人に設定してもらった「あの機能」ということに気づいた。

予期せぬところで繋がるものがあるとなかなか面白い。

結果としてインターネットからポチポチ操作することで振込が可能であることが分かった。

実は振込用紙の番号を入力するのが面倒だったが、外出して現金振り込みするよりは圧倒的に負担が少ないのでかなり助かったものだ。

 

まとめ

前回は奨学金(利子有)を一括返還し、今回は年金を一括追納した話をまとめた。

これでようやく清算すべきものは奨学金(利子無)のみとなり、気長に返還していけばOKという状況にまでたどり着いた。20年プレイヤーとして粛々と返還していく。

清算編はこれにて完了。

次回からはもう少し資産運用っぽい話になるはず……!

資産運用について【清算編】

何となく資産運用することにした。

今年から証券会社のNISA口座を使えるようになった記念(?)に資産運用に至るまでの過程を簡単にまとめておこうと思う。

会社員三年目が終わろうとしつつある現在までのザックリとしたお金の動きを記録してみる。

 

過去の清算奨学金

学生のころは日本学生支援機構にお世話になっていた。

学部4年、修士2年、博士1年の計7年間。
奨学金免除の好機に恵まれなかったのは残念だが、現在もそして今後も粛々と返還していく。

日本学生支援機構の場合、奨学金の返還は貸与終了翌月から数えて7か月目から開始する。返還年数は借りた金額にもよるが最長20年間となる。*1

 

毎月の返還額の負荷はそれまで大きくないのだが、着実に会社員のマネーを削っていく。そう、ボクシングでじわじわと対戦相手の体力を削っていくボディブローのように。7年間お世話になってきたので毎月それなりのボディブローだが、一応現在までは滞りなく返還できている。

 

日本学生支援機構奨学金には無利子の第一種と利子が発生する第二種がある。実は、学部と修士の入学時にそれぞれ一括して50万円分の第二種を借りていた。

毎月の生活は第一種、何かと出費が多い入学時期は第二種を借りるという方針だった。

返還額には第二種が100万円上乗せされている分、人並み以上のボディブローということになる。


さて、会社員として労働を開始してから一年と数か月がたったころ、銀行口座の貯蓄は遂に100万円を超えた。

口座に貯まったことのある桁が一桁増えたことに対してちょっとした実績を解除したかのような喜びがあった。

100万円といえば……第二種奨学金で借りていた額である。
一括返還のために使用するアイディアがすぐに思い浮かんだ。

第一種は利子がないので、じっくりと返還する方針でOKだが、問題は、第二種の方でああり、正直利子があるのは嬉しくない。

しかしながら、一括返還する場合は、手元のお金が一気になくなるというデメリットがある。

 

どうしたものかと、インターネットで先人たちによる考察を参照しながら検討した。

メリットやデメリットを鑑みた結果、第二種を繰り上げ返還することにした。

支出するマネーとしては、引っ越しの際に支払った20万円程度がそれまでの最高値だったので記録更新だ。

 

一括返還、最高に気持ちいい。

 

私の場合はこれに尽きる。選択は人それぞれであるが、全く後悔のないお金の使い方だったように思う。

 

会社員1年目にコツコツと貯まったマネーは2年目にほとんど使い切ることになったが……

 

これで人並み程度の奨学金ボディブローを受けることができる!

 

まとめ

本当はもう少し書きたい内容があったが、思ったより長くなったので今回はここまで。

もう奨学金を借りる事態には遭遇したくないが、一括返還の気持ちよさを味わえ、納得のあるお金の使い方をできたように思える。

資産運用とは直接的に関係ないお話だったが、次回こそは……!

*1:ちなみに私は20年プレイヤー

タイミングを逃す

タイミングを逃す、ということがしばしばある。
ありがとうの一言をつい忘れてしまったり、ちょっと勇気を出せば気になる人と少し話せるというのに時間だけが経過してしまったりなどなど。
そんなとき悔やまれるというほどではないが、少し心残りになる。
そういうちょっとしたノイズは時が経てば次第に記憶から薄れていき、やがてきれいさっぱり気にならなくなるものだ。
でも、完全に忘れてしまうわけではなく何かのきっかけに不意に思い出し、あのときはちょっと惜しいことをしたかなあと後々振り返るケースもある。
過去の記憶を振り返ろうとするとき、そのとき感じたことを正確に再現することは難しい。


そういうわけで、細々とメモを取っている。
Twitterやこのブログ自体は公開用のメモのようなものだ。

Twitterだと気楽な反面、少し文章量が物足りない場合もある。

そんなときはブログの出番だ。
書く作業は結構骨が折れるので苦手意識もあるが、後から読み返すと当時の鮮度を感じ取れることがあり、それがなかなか面白い。

また、非公開のメモとしては、仕事や生活の中で考えたこと、株のやり方などいろんなジャンルのテキストファイルをPCに保存し、適当に管理している。

 

このブログのネタ用のメモというのも存在し、気が向いたときに書いている。
先ほど久々にブログ用のメモを見返したところ、どうやら前回の更新は2020年3月29日のようだった。
メモの抜粋を放流してみよう。

 

・これから何をしてどうありたいのか
会社員生活が早2年経過し、3年目が始まろうとしている。
この2年間は慣れないことばかりで毎日忙しくしていた。
平日は会社の労働で精一杯で、休日は平日の疲れを回復することに努めている。

将来のことを考えるのは難しい。
実際に何が起きるのかを予想することは人間にとって本当に難しい。
かつて希望を失う状態に陥ってから将来のことについて考えるのはあえて避けていた。
大学院を去ってからこの2年間で

転職サイトを眺めてみる。
ふと、研究開発をしたいのか

ありがとうや好きですを言えるときにいいたい。
あのとき、少しでも声をかけていれば、と思うときがしばしばある。
もちろん、余計なことを言わずに済んだというメリットもあるのだが、そろそろ次のステップに進みたい。

 

ここでメモが終わっている。

生活用のメモでは大体上記のような内容を書き連ねることはよくあるが、ブログ用のメモに書いていた点が少し意外だった。
何か意図があったのかもしれないが、散文的で残念ながら思い出せない。
まとめるのを保留したまま、月日が流れてしまったのだろう。

…これは、あれだ。

タイミングを逃した、というやつである。

 

テレビのない生活

そういえばテレビを持っていない。

大学院生のころは部屋に備え付けのテレビがあった時期もあるが、購入したことがない家電の一つだ。

大学入学以前はテレビと言えば必須のコンテンツだと思っていたが、どうやらそうでもないらしい、というのがここ数年の見解だ。
 

 

大学進学時に住み始めた学生寮の部屋では、備え付けの家具はタンスのみだった。

共用スペースに電子レンジや洗濯機はあるが、それ以上を求めるならば買うしかない。
具体的には、冷暖房やテレビ、冷蔵庫などの文化的家電製品のことである。

当時、テレビのない生活を経験したのは初めてだった。
一応、食堂にテレビがあるが食事時間のみしか視聴できず制約が強い。
食堂は夜9時までなので、金曜ロードショーなどは必然視聴できない。
そのため部屋にテレビを所有しているという寮生も少なくなかったが、私はテレビを所有していなかった。

確かに入寮直後は味気ない感覚があったが時が経つにつれテレビを欲する感覚が薄れてしまった。
要するに購入する機会を失ってしまったとも言える。

 

 

テレビの代わりとなったのがインターネットの世界である。
生協のカタログで新入生用に販売されていたノートPCで広大な電子の世界へと旅立っていったのだった。

このとき購入したPCが初めてのものだった。

プログラミングにのめり込む……などという展開には至らず、youtubeに興じていた。

インターネット徘徊を覚えた時期であった。
実用的なことと言えば、タイピングゲームで遊んだことくらいかもしれない。
回転寿司を模したタイピング問題が次々と流れてくる形式のゲームである。
このゲームを通して、キーボードの扱いを学んでいったといっても過言ではない。
非常に教育的なゲームで大変感謝している。
タイピングゲームの他には、数独まとめサイト、自己分析にはまっていた。

 

 

たまに実家に帰ったときはテレビを見るが、やはり騒がしいなあという印象を受ける。
しかしながら、テレビの良い面としては、いろんな情報を吸収できるところだと思う。
ニュースを見れば、いろんな分野の情報が発信されており、知見が広がる気がする。
あれほどランダムに情報を取り込めるツールはなかなかないように思える。

一方、ネットで集める情報は自分の検索キーワードに強く依存してしまう。
得られる情報が偏り、悪い場合は情報そのものを誤認識してしまうこともあるだろう。
それが、ネットの弱いところかなあと思いつつ、今日もこうしてテレビのない生活を継続している。